法人のお客様business

企業活動を守るために、総合的なリスクマネジメントをご提案します。

業活動を取り巻くリスクは、法改正や社会情勢の変化など様々な要因により日々刻々と変化しています。私達は、業種ごと、企業ごとに、そうした時代の変化に応じて企業リスクを分析し、適切なソリューションをご提供いたします。

企業を取り巻くさまざまなリスクrisc

財物のリスク

企業が有する財物は、社屋や設備、商品、そしてシステムなど非常に多岐にわたります。また事業内容によってその特性も異なります。

そうした財物が、火災・風災・水災といった自然災害などにより大きな損失を受けることは企業の存続に大きな打撃となります。自社の特性に合った、ムダ・モレのない適切な対策を行うことが重要となります。

賠償のリスク

他人にケガを負わせたり、他人の物を破損させるなどにより、法律上の賠償責任を負う賠償額の高額化訴訟数の増加などの傾向にあります。

また個人と異なり、法人の場合は、それらに加え近年多様化するさまざまな賠償リスクに備える必要があります。

経営者のリスク

経営者のための保障としては、経営者に万一のことがあった場合のための保障と、経営者や役員の退職金準備のための保障があります。 経営者に万が一のことがあった場合の企業の資金繰りの悪化など、会社の存続のための準備や、退職後生活のための役員退職金の財源などを準備する必要があります。

従業員のリスク

法人が従業員を雇用する場合、その規模・業種を問わず、従業員の方の通勤災害や業務災害など、さまざまなリスクに備える必要があります。

また近年は従業員のメンタルヘルスに対する対応を求められる傾向があり、さまざまな角度から従業員が安心して働ける環境を整備する必要があります。

上記はあくまでも企業活動を取り巻くリスクの一例に過ぎません。個々の企業を取り巻くリスクは多岐にわたります。自社にとって最適な保障となっているか?効率的にリスクマネジメントができているか?少しでも不安になられた場合は、当社にお気軽にご相談ください。

資料請求はこちら