私の住む町ご紹介 ~大阪府茨木市~

大阪の茨木に住み始めてもう30年近くになります。
少しだけ我が町をご紹介いたします。

1、むかしむかしのお話です。

写真①

写真②

「茨木童子」という民話があります。
伝承では童子は、16ケ月の難産の末に生まれたときには、既に歯が生え揃い、
すぐに歩き出して母の顔を見て鋭い目つきで笑ったため、母はショックですぐに亡くなり、
父は鬼のような赤子を子供のいない髪結床屋の前に捨ててしまいました。
童子は少年時に床屋の手伝いをしている内に客の切傷の血をなめ、
その味を知ってからはわざと他人に傷をつけることが習癖となり鬼となった話です。
その後酒呑童子と共に京で乱暴狼藉をはたらいた話は、能や歌舞伎にも登場してきます。
ご興味ある方は、是非探索してみてください。

2、すこし前のお話です。

写真③
茨木神社の横の道は、「川端通り」と人の名前がついてます。
この「川端」はノーベル文学賞を受賞された川端康成さんから付けられた通り名です。
川端康成さんは3歳で親を亡くし、祖父母に引き取られ旧制中学を卒業する18歳まで茨木市で暮らしました。

写真④

写真⑤

この「川端通り」を少し歩くと「川端康成文学館」があります。
中には、書籍はもちろんですが、作品発表時やノーベル文学賞受賞のときの写真が数多く展示されています。
ご興味のある方は一度行ってみてください。

3、最近のお話

写真⑥

写真⑦

先日開催されました万博での弊社主催のランニングイベント『RUNRUNRUN』。
ご参加くださった皆様、応援に駆け付けていただきました皆様、ありがとうございました。
その会場のすぐ隣に見えたのがこの「太陽の塔」です。
岡本太郎作、塔内には万博当時に展示をされた原生生物から人類の誕生までの進化をたどる
「生命の樹の生物群」や「地底の太陽」が復元公開されています。
塔の中の観覧はネットからの事前の予約が必要になっています。ご注意を!!